エンジニアの健康を応援!

フリーランスの収入を安定させるために

安定した収入を稼ぐ!仕事探しのコツ4選

LINEで送る
Pocket

安定した生活は「固定客」にアリ

フリーランスになって健康的な生活を送るためには、無理なく働くことだけじゃちょっと足りません。生活していくためにはお金が必要なので、やっぱり安定は欲しいですよね。フリーランスの安定に欠かせないのが「固定客」の存在です。全く知らない企業にチャレンジするのもいいですが、知人から人脈を広げていくほうが安定への近道ですよ。
フリーランスとして成功している人の多くは、「知人からの紹介で仕事をもらっている人」です。同業ってライバルになるイメージが強いかもしれませんが、フリーランスの場合は同業同士で仕事を紹介しあう人が多いんです。そうやって固定客を作っていけば、いきなり収入が途切れてしまうリスクは避けられます。

仕事の質はできるだけ高く

「知り合いなら安心」という油断は禁物!固定客に残ってもらうためにはお客さんに満足してもらわなければなりません。任せられた仕事に先方の期待以上のパフォーマンスを発揮できれば最高です。ですが、ただ仕事をこなすだけではなく、仕事上のコミュニケーションにも気を配らなければなりません。「この前あの人に仕事頼んだら良かったよ!」と噂にもなれば口コミで評判が広がって仕事の依頼が増えることも。

クラウドソーシングで実績づくり

ぜひ活用したいのがクラウドソーシングです。クラウドソーシングとは、インターネット上で仕事のやりとりが完結させられるシステムのことで、システム開発やWebサイト制作などのIT系案件とフリーランスが出会うきっかけとなる場です。オススメはエンジニアやデザイナー、ライター向けのWeb系案件が豊富な「クラウディア」。対面で請け負っている手持ちの案件はこれ以上増やせないけど別の収入源も確保しておきたい、という場合にピッタリです。クラウドソーシングをうまく活用すれば、仕事の量を調節できるので便利ですよ。気になる方は以下のリンクからどうぞ!

健康な身体で働こう

エージェントに仕事を紹介してもらう

フリーランスが仕事を得る方法としてスタンダードなのが地道な営業活動ですよね。昔と大きく違うのは、SNSやホームページが使えることです。足を棒にして営業まわりをしなくても自分のことを知ってもらえるツールがあるからとっても便利です。ですが、それ以上に便利なのが「フリーランスに特化したエージェントがある」ということ。登録して希望を伝えておくだけで、あとはエージェントが営業から交渉までやってくれるので、フリーランスはスキルを磨きつつ案件をひたすらこなすのみ。業界全体が人手不足なのでスキルさえあれば仕事には困りません。マージンが多少かかったとしても、エージェントの営業力で高単価を実現してくれるので、自分で営業するより効率的に稼ぐことができますよ。おすすめは業界最高レベルの高単価を誇る「レバテックフリーランス」!以下のリンクから覗いてみてください!

健康な身体で働こう

よく読まれている記事!

  • 週2~3日の無理をしない働き方が出来る

    長い時間座りっぱなしなことも多いエンジニアは、健康に十分気をつけた生活をしていても追いつかないことがあります。そんな場合には、フリーランスエンジニアとして企業に常駐して働くという選択肢も考慮に入れてみましょう。フリーランスエンジニア向けの案件には、週に2~3日で無理なく働ける案件も数多くあるので座りっぱなしを防げますよ。働く日数が少なければ心身にかかる負担も激減し、健康的な生活を送ることができます。

    詳細を見る
    週2~3日の無理をしない働き方が出来る
  • 姿勢を正しくするポイント!

    パソコンに向かう時間が長いエンジニアにとって、姿勢改善は健康維持に欠かせない重要な要素です。姿勢改善に役立つのが、作業の合間に行う軽いストレッチ!それ以外にも骨盤サポートチェアを補助的に使いながら座り方を矯正していく方法も有効ですよ。悪い姿勢が癖になっている状態だと、姿勢改善までには時間がかかるので、毎日少しずつでもいいので長く続けていくことを意識しましょう。ストレッチや座り方の改善で大切なのは、リラックスした状態で行うことです。

    詳細を見る
    姿勢を正しくするポイント!
  • デスクワークで死亡のリスクが上昇?

    多くの人が日々当たり前にこなしているデスクワークには、死のリスクが常につきまとっています。「座りすぎ」の問題は日本のみならず世界で注目されている問題で、死亡リスクを少しでも減らすための取り組みが進められている国もあるほど。座りすぎの人は肥満や糖尿病、高血圧やがんなど、さまざまな病気にかかる可能性が高くなります。1日の座位時間が8時間以上ともなると、毎日30分の運動ぐらいでは座位時間の短い人の健康水準には追いつけません。

    詳細を見る
    デスクワークで死亡のリスクが上昇?